企画会議に潜入!
HOME > 企画会議に潜入! - 名札でお客様とコミュニケーション?
ノムラ薬局の企画会議を大公開!

生まれたばかりの息子にデレデレな野崎と、娘の子育てに熱中のイクメン二宮によるノムラ薬局の企画会議を 大公開! どんな会議なのかすこ~しだけお見せします!

名札でお客様とコミュニケーション?

野崎:ウチの会社って沖縄出身者が多いよね。地方出身者の人も多いなあ。それにしては業務中に方言が飛び交わないのが不思議。

二宮:オレも新潟出身だからわかるけど、社会に出るまでに世間の荒波に揉まれて、標準語を喋るよう矯正されるんだよ。

野崎:でもさ、方言を自由にしゃべる場があってもいいよね。ひとつの言葉でも方言で、表現やイントネーションが違ったりするのはおもしろいことだよ。

二宮:ノムラ薬局内で県人会を作るってこと??

野崎:いやいや、方言に特化して、方言研究会。略して「方研」。

二宮:(とりあえず無視して・・・)そうだ!名札に出身地を入れようか! 出身地はお客様と話すきっかけにもなるし、親しみも持ってくれるはず。

野崎:血液型も共通の話題になるよ。「おおざっぱなO型」とかさ。お客様も私たちを知るきっかけにもなるし、なにより話すと楽しいしね。

二宮:お客様に突っ込んで頂けるネタを提供したいよね。会話が始まって盛り上がると、絶対お互いに楽しいはずなんだよ。よし、試しにウチの店舗でやってみるか!

野崎:それに「膝の痛みマスター」とかニックネームを付けるのは?

二宮:あ~・・・、なんか商売ぽくてヤダなぁ。ウチはお客様と一対一の関係だから、あくまでパーソナリティを表示したいなぁ!

試験的に名札に出身地と血液型を表示することが決定。皆さんも店舗を訪れた時には名札に注目!
続いては、ノムラ薬局の将来の話題へ。

次のページへ

<<| 1 | 2 | 3 | 4 | >>